2012年 10月 03日

スパゲティ・オリオ・パルミジャーノ

a0284638_2220524.jpg
甘いものはとことん甘く、でなければスイーツとは呼べない。結婚当時から主人に口うるさく言われてきた。そういう私は、最近は慣れてきたが、初めのうちは、ケーキ屋などで買ってきたスイーツ、どれも頭痛が起きる程甘く、その後、苦い砂糖抜きのエスプレッソ無しでは、歯茎の奥まで砂糖が染み込んでヒリヒリする様で、お手上げだった。

日本では、砂糖の効いた和菓子に抹茶、洋菓子に苦いコーヒー等でコントラストを楽しむのが普通であるが、イタリアの場合、食後のスイーツに添えて出される食後酒や、スプマンテは、それに負けずに甘いもの。食後のエスプレッソにも、たっぷり砂糖を入れないと飲めないらしい。それで口の中を甘ーく保って余韻を楽しむのであろうか。

久しぶりに頂き物のイチジクの手作りジャムを使ってタルトを作ったら、主人から、「甘すぎる」と文句が出た。しょうがないので事務所の所員様にと、翌日持って行ったら予想外の大ウケで、私が、「甘すぎないか。」と聞いても誰も縦に首を振る事はなく、あっという間に消えて無くなった。

主人は私に鍛えられたのだろうか。

材料
スパゲティ 400g
パルメザンチーズすりおろし 大さじ山盛り4-5
オリーブ油 大さじ3

作り方
1. しっかり塩を効かせた湯でパスタを茹でる。
2. 大きめのサラダボールにオリーブ油を入れ、ザルに空けたパスタを入れ、茹で上がり1分前にマグ一杯採っておいた茹で汁を少しづつ加えながら和え、粗熱が取れたらチーズを加えて滑らかに和える。 好みで黒胡椒を振る。
[PR]

by Tomato-no-naru-ki | 2012-10-03 22:05 | 食習慣の違い


<< トマトの即席パスタ      ほうれん草のソテー >>