とまとの成る木

tomatoit.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 06日

人参のソテー

a0284638_2313824.jpg「よ、調子はどう?」「悪い。」

挨拶の後、よく聞かれる会話の始まりである。その後、「なんだ、どうしたんだ。」「いやー、この週末、女房が熱で倒れましてねー、子供の世話から飯の用意やら、大変でしたよー。」「そーかー、うちも子供が小さい頃はねー...、」などと、話に花が咲く。

初めのうちは、なんだ、イタリア人って、大してしんどくもないようなことを、大げさに。朝っぱらから「悪い」なんて、こっちまで気分が重くなるわ、なんて思っていた。

ところが慣れてくると、おしゃべり好きのイタリア人は、そうやって話題を作るのか、と思うようになってきた。勿論悪い、気の重くなるような話題だけではない。楽しい話も多い。しかし、軽くおしゃべりして笑い飛ばせるようなしんどい話、というものは誰でも持っているものであり、会話が会話を呼び、数珠つなぎ式にいろいろと出てくるもので、たわいもない会話を交わす、という面では悪くない。

例えば、そう大したネタもない場合、「よ、調子はどうだ。」と言われて、「は、元気です。」と言ってしまうと、それっきり話が途切れてしまう。だからそうやって苦労話に矛先を変えることで、話題作りをするのだろうか。

材料
人参 皮をむいてぶつ切り 5ー6本
オリーブ油 大さじ2
塩 ひとつまみ
イタリアンパセリ 粗いみじん切り ひとつまみ

作り方
1. 人参をフライパンに平に並べて塩、オリーブ油を加え、人参が半分かぶるぐらいの水を入れて蓋をして中火にかけ、煮立ってきたら火を弱めて約30分煮詰め、その後、蓋を取ってパセリを加えて、振り混ぜながら強火で水分を完全に飛ばす。
[PR]

by Tomato-no-naru-ki | 2012-10-06 23:36 | 生活習慣


<< タルト・タタン      トマトの即席パスタ >>