とまとの成る木

tomatoit.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 19日

カッスール、ライト版

a0284638_17251410.jpg


今日は父の日。

イタリアには毎日それぞれ聖人が定められていて、例えばその中でも重要な日である12月8日は、無原罪の聖マリア(イエスキリストの母、聖母マリア)の日で、この日から待降節、つまりキリストの誕生を待つクリスマスの準備期間が始まります。

そして今日は聖ジュゼッペ=日本ではヨゼフと呼ばれているイエスキリストの父ちゃんの日です。聖ジュゼッペの日は、一年のうち他にも幾つかあって、でもそのジュゼッペ全員、同一人物ではなく、それぞれ違う聖人の日ですが、今日、3月19日は聖母マリアの旦那でもある聖ジュゼッペ、つまり救世主の育ての親=偉大な父、という意味で、それを祀るべく、父の日なのです。日本の父の日と日が違いますが、どっちが本当の父の日か、と聞かれてこういう説明をされると、とても説得力がありますね。

話がとても宗教じみてしまいましたが、この父の日にちなんだお菓子で、この時期にしか出回らないものがあります。日本でも、春分、秋分、お月見、ひな祭りやこどもの日にちなんだお菓子があるように、イタリアでも祝日や記念日とお菓子の結びつきは非常に強く、逆にお菓子屋のウィンドウに並ぶ季節のお菓子を見て、「あー、もうすぐOOの時期だな、」と感じることも少なくありません。

この父の日のお菓子とは、その名も聖ジュゼッペのシュークリーム、と言い、揚げシューにカスタードクリームがいっぱい詰まっている、というシンプルなものですが、食べるのに大変苦労します。また、店によってクリームの味が違い、仕事場などでは競ってそれぞれオススメのお菓子屋の聖ジュゼッペのシュークリームを持ち寄って味比べをします。日本で、時期ごとに街角のショーウィンドーが変わり、例えば、クリスマスが終わった次の日は正月仕様、正月が開けると節分、ひな祭り、端午の節句…、というように、途切れなく模様替えをしますね。イタリアの場合、それがお菓子でつながっています。クリスマス、カーニバル、聖ジュゼッペ、イースター。ところがイースターが過ぎると、9月ぐらい迄途切れて、特にこれと言って季節感を感じさせられるお菓子はありません。リコッタチーズやクリームが暑すぎて使えない、という要因もあるのでしょうか。

また、6月10日で学校が夏休みになるため、この頃から期末試験期間に入り、イースターが過ぎると、ますます一年が終わったような気分になります。


カッスール、ライト版
北イタリア、ロンバルディア地方の郷土料理、カッスール、参考までにイタリア語ですがオリジナルレシピ:
http://www.cuochibrianza.it/site/images/stories/file/ct003_cazzla.pdf

材料
豚モモ、スネ肉、できれば骨つき なければぶつ切り 1kg
キャベツ 中1個 乱切り
ポロ葱、または長ネギの白い部分 2ー3本 乱切り
フェンネルリーフ、または八角 少々
塩 胡椒

作り方
1. 厚手の鍋に野菜の半量を入れ、水をひたひたに入れ、肉を均一に並べてフェンネルを加え、残りの野菜でかぶせて中火にかけ、沸騰したらアクを取り除いて落とし蓋と蓋をしてごく弱火で3時間煮込む。
2. 常温で冷まし、さらに冷蔵庫で落し蓋をしたまま一晩冷やし、固まった脂肪分を取り除いたら火にかけ、塩胡椒で味を整える。

晩御飯の支度をしている合間に仕込んで煮込んで、寝る前に火を止め、次の日の朝に冷蔵庫にほりこんでおけば、その日の晩御飯はご飯を炊くだけ。さらに余ったら、ホールトマトとナツメグを加えて30分ほど煮込むか、カレーにでも。
[PR]

by Tomato-no-naru-ki | 2013-03-19 08:00 | 生活習慣


<< グリーチャ      焼き豚 >>