とまとの成る木

tomatoit.exblog.jp
ブログトップ

2012年 09月 04日 ( 1 )


2012年 09月 04日

なんちゃってカポナータ ~イタリア免許取得システム(5)

a0284638_5435545.jpg無事、普通免許を取り、残すは二輪の実技試験のみ。「これ、二輪の実技の教官の電話ね。」早速予約の電話をいれる。「あ、女性ですか...。何、日本人? 二輪の大型ですか?? マジで?」数日後、二輪演習場に行く。ただの廃れたボウリング場の野外駐車場に、オレンジ色のポールが並べられただけである。身長171cmの私が慣れた取り回しでバイクにまたがり、エンジンをかけ、言われた通りに2本のポールの間を8の字で2回、5ー6本のポールをジグザグしてスタート地点に戻る。「あなた、ここに何しに来たの。日本人の、それも女の子っていうからさー、小柄で、絶対足がサドルにも届かんだろーと思ってたよー。」日本で二輪免許を持っており、今回、その書き換えをするより、直接イタリアの免許を取る事にした旨を言うと、「なーんだ、じゃあ試験の要領がわかればそれでいいわけね、じゃあ今やったコースを、何回かやって。その後公道を走りに行こう。」

その次の週、難なく実技試験合格。更新はなんと、10年に1度である。

イタリアの二輪免許は、年齢によって制約があるが、125cc未満(普通免許についてくるから、日本の原付のようなもの)、大型(いわゆる限定解除)の2種類に分けられる。実は私、日本では中型二輪免許を持ちながら、Yamaha SRX-6 (600cc)に乗っていた。同じモデルで400ccと600ccがあり、フレームにある記述を見なければ見分けがつかない。その大型免許、ミッションとオートマに分かれる。オートマはいわゆるスクーターで、200cc、300、400、500ccなんてのも最近出回っている。150cc以上は高速にも乗れる。そんなおっそろしいもんに乗ってどこに行くんじゃ。と当初は思っていたものの、現在、街乗り、通勤用に持っているのは、vespa300sである。

材料
茄子 6個
プチトマト 15個
ニンニク 切らずに皮を剥いて丸のまま
オリーブ油 適量
バジルの葉 10枚

作り方
1. 茄子を縦に4つに切って塩を降り、15分おいて、軽く絞ったら冷水で洗い、更に絞る。
2. 広めのフライパンを使って、オリーブ油で茄子をこんがり素揚げにしたら油を良く切り、皿にを取っておく。
3. フライパンに残った油を、大さじ4ー5杯程に減らし、半分に切ったトマトをニンニクと一緒に炒め、しんなりしてどろっとなったらナスを加えて混ぜ、バジルの葉をちぎって加えてなじませる。
4. ブルスケッタなどにのせても美味。
[PR]

by Tomato-no-naru-ki | 2012-09-04 02:02 | いいかげんだなぁ。