とまとの成る木

tomatoit.exblog.jp
ブログトップ

2012年 09月 07日 ( 1 )


2012年 09月 07日

とまとのライスグラタン

a0284638_5393852.jpg
イースターを過ぎた頃から、週末、海に通う人が増える。早めに肌を焼いて、青白い肌を健康そうに「色付け」するのがそもそも目的らしい。春から初夏にかけて、ゆるい日差しでゆっくり焼くと、ほんのり色がついて、確かに夏服がよく似合う良い感じになる。だが大概、それを通り越して、真っ黒ツヤツヤにに日焼けし、しかも8月は大抵、さらに暑い国でトロピカルな休暇を過ごすものだから、休み明けに仕事に戻ると、小学校の2学期の始業式さながら、日焼け自慢である。

8月は、旅行に行かない年はもちろん、行く年でも、最低1週間は、海のある街で生まれた主人の家族と過ごすため、当然私も海水浴にいく。もっぱら私は彼等に比べると、日焼け止めを塗っても、2ー3日いるだけで、次の年の春頃まで水着の跡がくっきり残るほど焼けてしまうので、水に浸かって体を冷やしたら、パラソルの下から、マンウォッチングを楽しむ。と言っても男ばかり眺めるのではない。水着姿と、服を着ている時のギャップを想像してククク、と笑うのである。

イタリア人って、男性も女性も、膝上20cmぐらいから胸のあたりまでを隠すと、とんでもなく美しい人が多い。すべての人に当てはまるわけではないが、足首が細く長く、ふくらはぎが高い位置にあり、膝が出ていなくて、太ももの下半分もまっすぐスラリと長い。胸元やなで肩などはあまり気にならない程、小顔で首が長く、後頭部が綺麗に丸く、眼つきが鋭く、目が合うと吸い込まれそうである。男性も、女性も、である。

しかし水着姿になると、全て見えてしまうので面白い。

女性の場合、膝上20cm辺りを過ぎると、急激に幅が広くなり、脂肪の付きが良いために、ボコボコ。更に出尻の人が多く、若いうちは、丸くていい形をしていても、30も過ぎると、引力の法則にはかなわなくなる。しかも日焼けするためにうつ伏せに寝そべると、お尻の下にシワができ、そこだけ日焼けせずに白く残る。子供を抱き上げたり、砂の上に敷いたパレオを直したりする時、お尻の下の三日月が2つ、顔を出すのである。更に目線を上げると、若く、ジムに通って鍛えてでもしていなければ、ハラが出ている。そして更に上に行き、バストの豊かな人が多い国であるが、あるとやがて落ちるものであり、それを矯正するのは水着では無理なことが多い。

ところが冬になると、70歳を過ぎたお婆ちゃんでも、膝上のミニスカートから、かっこ良く足を出して街を歩いている人が大半を占める。

材料
下の部分の平たいトマト(桃太郎タイプでない)、直径6ー8cmぐらいのもの 4個
米 大さじすり切り4杯
ニンニク 半かけ微塵切り
バジルの葉 適量
ペコリーノチーズすりおろし 大さじすり切り2杯
オリーブ油 大さじ4杯
じゃが芋 中2個
ローズマリー 少々塩コショウ

作り方
1. とまとのヘタを付けたまま、上1cmほどのところで横に切って、蓋にする。
2. トマトの種を取り、中身をくり抜き、ボールに、とった中身を刻んで入れ、洗って乾かした米、オリーブ油、ペコリーノチーズ、ニンニク、バジルの葉のちぎったものを加え、塩で少し濃いめに味を調整する。
3. ジャガイモの皮を剥き、1-1.5cmぐらいの角切りにしてボウルに入れ、オリーブ油(分量外)をたっぷりかけ、塩を降り、ローズマリーを散らしててでざっくりよく混ぜる。
4. トマトの器に2を、汁と共に均等に分けていれ、ヘタの蓋をして、トマトの外側にたっぷりオリーブ油を塗りつけて、オーブン皿に並べ、隙間に3のジャガイモを加え、平らにならす。
5. 180度のオーブンで、ジャガイモに火が通るまで焼く。
6. 室温に冷ましていただく。




..............................
[PR]

by Tomato-no-naru-ki | 2012-09-07 04:34 | 憧れのイタリア人