とまとの成る木

tomatoit.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:憧れのイタリア人( 3 )


2012年 09月 29日

フシッリのバターとセージ和え

a0284638_6122314.jpgイタリアの靴は、その高品質性と履き心地の良さで有名である。また、男女ともに、靴には金に糸目をつけない。同僚の女性は、靴のストック専用の小部屋を持っているぐらいである。

この国ではどこでも土足で、自宅から一歩外に出ると、夜、帰宅するまで靴を脱ぐ事はまずないので、ちょっと手のこんだ紐靴も大歓迎である。ローファーはかえって踵が足から外れて引きずって歩きざるを得ないから、あまり流行らない。柔らかいモカシンが、夏の間、素足に履かれる程度であるが、それも通勤に履いて行くことは滅多にない。

日本で、男性に人気がある靴、ローファー。日本では外出先でも靴を脱ぐ機会が多い。料理屋、居酒屋、寺などの観光地など。紐靴をその度にいちいちほどいて、また結んで、なんてちょっと面倒臭い。機能性が流行を左右するのも無理はない。

材料
フシッリ またはペンネなどのマカロニ 400g
バター 50g
セージの葉 生のもの 5ー6枚
パルメザンチーズ すりおろし 大さじすり切り6
黒胡椒 好みで少々

作り方
1. しっかり塩を効かせた湯でパスタを茹でる。
2. 大きめのサラダボールにバターを入れ、セージの葉をちぎって入れ、茹で上がりの1分前にマグ1杯採っておいた茹で汁を少しづつ加え、滑らかによく混ぜる
3. チーズを加えて一回しし、皿に盛る。
[PR]

by Tomato-no-naru-ki | 2012-09-29 05:42 | 憧れのイタリア人
2012年 09月 19日

アーティチョークの天婦羅

a0284638_5155594.png
a0284638_452178.jpg
老若男女、食事には必ず添えられるワイン。特に赤ワインは、その色のように、血に良いとまで言われ、他にもアルコールについて、いろいろな言われがあるので、一見、飲んだくれの集まりの国のようである。

ところが、実は酔っ払いはご法度である。酔っ払うまで飲むのは、人前で理性を失うことであり、大変なマナー違反だ、ということだ。北欧もそうだが、日本では、飲む=酔う、それがストレスの発散であり、翌日にはけろっと忘れたふりをして、前日の失態には目を瞑られる。イタリア人には他にストレスを発散できる方法があり、酔うまで飲む必要がないのではないだろうか。

普段、細かい事にもちゃんといちゃもんをつけ、自分の考えをある程度隠さず言う事ができる社会。彼らはディスカッションしているつもりでも、初めの頃は、みんな、怒っているのかと思ったし、仕事の席でも大声を張り上げてギャハハハ、と大笑いしているのを見て、とても直感的でリベラルな国だなあ、と思ったものだ。

しかし、かくいうイタリア人にはそれなりの言い分がある。彼らにとって、我々日本人は、いつでもクールにどんな問題でもさらっと解決できる特技を持っているそうである。いつも禅の精神で、何があってもうろたえず、思っていることを顔に出さずにスマートな生き方をしている、と。私にとっては、ほどほどに飲んで酔わずに理性を失わないイタリア人の方がかっこいいと思うのだけれど。

ところがベネチアに住む友人は、あの街は日本のようで居心地が良い、と。車の無い街、ベネチアでは、酔っ払って運河に落っこちることはあっても車にひかれる心配はないので、誰もかれも、ぐでんぐでんに酔って、道端で寝っ転がってる、と言うのである。

ちょっとイメージが崩れた。

材料
アーティチョーク 5本
全卵 2個
炭酸水又はビール 適量
薄力粉 適量
塩 少々
揚げ油(落下精油) 適量

作り方
1. アーティチョークの花の部分を横約半分に切り、先の方は捨てる。
2. 花の根元から茎を切り落とし、花弁の硬く紫色の部分を取り除き、縦7mm程度にスライスする。
3. 茎の皮を分厚く切り取り、縦4-5mm厚に切る。
4. 大きめのボウルに卵をとき、小麦粉、炭酸水を合わせて、日本の天ぷら衣よりやや濃いめの衣を作り、アーティチョークを加えて下からよく混ぜて、180度の油で揚げ、塩を降る。





.............................................
[PR]

by Tomato-no-naru-ki | 2012-09-19 04:56 | 憧れのイタリア人
2012年 09月 07日

とまとのライスグラタン

a0284638_5393852.jpg
イースターを過ぎた頃から、週末、海に通う人が増える。早めに肌を焼いて、青白い肌を健康そうに「色付け」するのがそもそも目的らしい。春から初夏にかけて、ゆるい日差しでゆっくり焼くと、ほんのり色がついて、確かに夏服がよく似合う良い感じになる。だが大概、それを通り越して、真っ黒ツヤツヤにに日焼けし、しかも8月は大抵、さらに暑い国でトロピカルな休暇を過ごすものだから、休み明けに仕事に戻ると、小学校の2学期の始業式さながら、日焼け自慢である。

8月は、旅行に行かない年はもちろん、行く年でも、最低1週間は、海のある街で生まれた主人の家族と過ごすため、当然私も海水浴にいく。もっぱら私は彼等に比べると、日焼け止めを塗っても、2ー3日いるだけで、次の年の春頃まで水着の跡がくっきり残るほど焼けてしまうので、水に浸かって体を冷やしたら、パラソルの下から、マンウォッチングを楽しむ。と言っても男ばかり眺めるのではない。水着姿と、服を着ている時のギャップを想像してククク、と笑うのである。

イタリア人って、男性も女性も、膝上20cmぐらいから胸のあたりまでを隠すと、とんでもなく美しい人が多い。すべての人に当てはまるわけではないが、足首が細く長く、ふくらはぎが高い位置にあり、膝が出ていなくて、太ももの下半分もまっすぐスラリと長い。胸元やなで肩などはあまり気にならない程、小顔で首が長く、後頭部が綺麗に丸く、眼つきが鋭く、目が合うと吸い込まれそうである。男性も、女性も、である。

しかし水着姿になると、全て見えてしまうので面白い。

女性の場合、膝上20cm辺りを過ぎると、急激に幅が広くなり、脂肪の付きが良いために、ボコボコ。更に出尻の人が多く、若いうちは、丸くていい形をしていても、30も過ぎると、引力の法則にはかなわなくなる。しかも日焼けするためにうつ伏せに寝そべると、お尻の下にシワができ、そこだけ日焼けせずに白く残る。子供を抱き上げたり、砂の上に敷いたパレオを直したりする時、お尻の下の三日月が2つ、顔を出すのである。更に目線を上げると、若く、ジムに通って鍛えてでもしていなければ、ハラが出ている。そして更に上に行き、バストの豊かな人が多い国であるが、あるとやがて落ちるものであり、それを矯正するのは水着では無理なことが多い。

ところが冬になると、70歳を過ぎたお婆ちゃんでも、膝上のミニスカートから、かっこ良く足を出して街を歩いている人が大半を占める。

材料
下の部分の平たいトマト(桃太郎タイプでない)、直径6ー8cmぐらいのもの 4個
米 大さじすり切り4杯
ニンニク 半かけ微塵切り
バジルの葉 適量
ペコリーノチーズすりおろし 大さじすり切り2杯
オリーブ油 大さじ4杯
じゃが芋 中2個
ローズマリー 少々塩コショウ

作り方
1. とまとのヘタを付けたまま、上1cmほどのところで横に切って、蓋にする。
2. トマトの種を取り、中身をくり抜き、ボールに、とった中身を刻んで入れ、洗って乾かした米、オリーブ油、ペコリーノチーズ、ニンニク、バジルの葉のちぎったものを加え、塩で少し濃いめに味を調整する。
3. ジャガイモの皮を剥き、1-1.5cmぐらいの角切りにしてボウルに入れ、オリーブ油(分量外)をたっぷりかけ、塩を降り、ローズマリーを散らしててでざっくりよく混ぜる。
4. トマトの器に2を、汁と共に均等に分けていれ、ヘタの蓋をして、トマトの外側にたっぷりオリーブ油を塗りつけて、オーブン皿に並べ、隙間に3のジャガイモを加え、平らにならす。
5. 180度のオーブンで、ジャガイモに火が通るまで焼く。
6. 室温に冷ましていただく。




..............................
[PR]

by Tomato-no-naru-ki | 2012-09-07 04:34 | 憧れのイタリア人