タグ:ジェノベーゼ ( 1 ) タグの人気記事


2012年 09月 06日

ジェノベーゼ

a0284638_1993666.jpg
交差点で信号が青に変わり、曲がる。当然、反対側の信号は赤。この国の人、横断中の歩行者がいなくても、目の前の信号が青になるまで待つ。息子が8歳ぐらいの頃、朝、歩いて学校まで送って行く時に必ず通る交差点があり、ほぼ100%の車がそうやって止まっていた。私が、「バカだねー、なんでいつまでも止まって待ってんの。」と言うと、息子は、「いや、赤だから止まってるんだよ。」朝からちょっとした口論になった。ちょうど通学時間帯に出没する交通整理のおまわりさんに、揃って聞いてみることにした。彼は「(日本と同じように)交差点内には止まらずに、歩行者がいなければ通過するのが当たり前さ。」と鼻で笑う。「ならアホみたいに止まってる車に動くように指示すればいいじゃん!」と言いたいところをぐっとこらえた。

交通整理のおまわりさん、仕事は交通整理と、交通違反の切符切り。ここは首都であり、バチカン市国を抱える、一応大都市(一応、と書くのには意味がある。いつかまた説明することにする)。政治家の車が通ったり、法王のセレモニーが行われたり、デモ行進があったりすると、交通整理、と名打って、パトカーで道を塞いで通行止めをし、その前に2ー3人で立ちはだかり、立ち止まる車に一台一台道案内をする。毎度、迂回コースは同じなのに、迂回説明のプラカードなんて無い。その間、例えば駐禁の切符切りはお休みである。バス停に停めようが、歩道に乗り上げようが、パトカーの前にたむろしているおまわりさんは知らんぷりである。彼らは忙しくてそこまで手が回らない、というのでは決してなく、彼らの管轄外だからである。彼らは道をふさぐのが仕事であり、駐禁を取るのが役目ではない。しかも、通せんぼしているおまわりさんに、可愛くお願いすると、通してくれることもしばしばである。大抵、女性ドライバーは男のおまわりさんを、男性ドライバーは、可愛い方の(大概、ブスと美人が組んで配属されるようだ)女性おまわりさんを選んで話しかけると、ある程度は聞き入れてもらえる。

いいかげんな国である。

材料
バジルの葉 枝を除いた正味20g
松の実 大さじすり切り1
オリーブ油 適量
パルメザンチーズすりおろし 適量
ニンニク 5-6mm角 1個

リングイネ(断面が楕円形のスパゲティ) 400g
インゲン 200g
じゃが芋(メークイン) 中2個 皮を剥いてくし切り

作り方
1. バジルの葉を、塩水に5分間漬ける。
2. 水気をよく切り、ミニフードプロセッサーに入れ、ミキサーの底に半円を描く程度の量のオリーブ油を加え、ニンニクも加えて断続的にミキサーにかける。継続してかけると、熱を帯びて、内容物が温まってしまい、バジルの香りが落ちるので注意。
3. 松の実を加え、更に5秒間回す。
4. パルメザンチーズを小さじ1杯ずつ加え、味をみながらミキサーを回し、ほんの少しパルメザンの香りがするようになったら出来上がり。
5. たっぷりの湯を沸かし、海水程度の濃度になるよう、塩を加える。
6. 沸騰したら、時間差でインゲンとジャガイモ、パスタを加えていく。インゲンは15分、ジャガイモは8-10分、パスタは袋に書いてあるとおり。
7. 茹で上がったらマグ1杯のゆで汁を取っておき、一気にザルに空け、湯を切る。
8. 大きめのサラダボールにパスタと野菜を入れ、ペーストをかけてゆで汁を大さじ3杯ほど入れて、2本のスープ用スプーンで、底からざっくり混ぜる。必要であればゆで汁を加え、滑らかに和える。




…………………………
[PR]

by Tomato-no-naru-ki | 2012-09-06 06:23 | いいかげんだなぁ。