タグ:スパゲティ ( 6 ) タグの人気記事


2014年 03月 03日

グリーチャ

a0284638_1261231.jpg


最近、マーガリンが叩かれている。

イタリアに来て20余年になる。最初の頃は、何もかも新しく、朝起きて服を着替えてバールで近所のおじさんたちのおしゃべりを見ながら朝ごはん、というのが嬉しかったので、何の問題もなく数ヶ月が過ぎた。やがて間借り生活からシェアハウスに移り、キッチンが自由に使えるようになると、日本で慣れていたトーストにコーヒーの朝食がたまにしたくなり、スーパーへ そのための買い物に行った。

日本では普通にどこのスーパーでもコンビニでも、ごく普通に朝食用のパンがとても重要な存在感で売られている。ところがこの国では、以前にも書いたが朝食にパンが食されることは珍しく、あくまで食事の付け足しであるから、普通に町のパン屋で売ってるパンは、パスタや肉料理のソースを掃除する役目を担うために、日本のいわゆるバゲットを大きくしてどっしり、しっかり焼いたもので、日本のふんわり食パンにはほど遠い代物である。ここ数年、やっとおしゃれなパン屋がぼちぼち出てきて、北欧系の黒パンだとか、型入りパンと呼ばれる、いわゆる食パンに似たものが出回り出したが、当時は食パンに似たものといえば、スーパーの、カナッペ用に売っている、10cm四方のパサパサ、塩は効いてるが味無し、しかも6-7mmに切ってあってとても便利な(?)ものしか売ってなかった。それでもムリヤリカゴに入れ、乳製品のコーナーへ。
色々なメーカーのバターが並んでいたが、マーガリンは数少なく、確か1ー2種類だった記憶がある。そのうちの一つをつかんでジャムを2種類選んで、支払いを済ませて家に帰った。
翌朝、トースターが無いのでフライパンで無理やりパンを焼き、マーガリンを塗ってジャムをつけて食べた。とても臭くて食べられたもんじゃなかった。

仕事場で同僚に話すと、「マーガリンなんてそんな体に悪いもの、なんでわざわざ買ったの?」と言われた。 確かに植物性だけど、植物性油ってのは、自然界には固形では存在しないんだよ、それをいろいろ混ぜて長い工程を経て やっと固くなるんだよ、と。彼らは実際に何が入っていてどういう過程で、ということは説明できなかったが、それを知らなくても納得できる原理である。 そう言えば、確かに植物性の生クリーム、というのも売ってなかった。
当然、その後は晴れてバターを好きなだけ食べるようになったのは言うまでもない。

くり返すようだが、20年以上前の話である。


材料 4人分
スパゲティ (太め) 360g
ベーコン (スモークでないもの) 8枚
ペコリーノチーズすりおろし 大さじ山盛り4杯
黒胡椒 少々

作り方
1. フライパンにベーコンを並べて火にかけ、中〜弱火でジクジク焼き、カリカリになったら取り出して新聞紙の上などで油を切る。出た油はそのままフライパンにとっておく。
2. 麺を茹でる。塩加減は海水程度。
3. 大きめのボウルにチーズを入れ、少しずつ茹で汁を加えながらクリーム状にする。この時、湯を一気に加えるとチーズが溶けて、冷めると固まってしまうので、あくまでも慎重に。黒胡椒を多めに加える。
4. 茹で上がりの1分前にマグ1杯分の茹で汁をとっておいて1を再度火にかけ、パスタをザルに開けて湯を切る。
5. ザルを振ってフゥフゥ吹いて粗熱を取ったら3に加え、スープ用のスプーン2本を使って底から豪快に混ぜる。好みでベーコンから出た油を加える。少しづつマグにとっておいた茹で汁を加えて、クリーミィに仕上げ、かりかりベーコンを加えて更に混ぜて皿に取り分ける。
[PR]

by tomato-no-naru-ki | 2014-03-03 01:26 | 食習慣の違い
2012年 10月 05日

トマトの即席パスタ

a0284638_22313970.jpg
サマータイムというのは、私は宗教や、古くからの民族の習慣だかなんだかだと思っていたが、実は’70年代に生まれた、省エネ対策だそうである。

3月の最終週末から、9月最終週末まで、(数年前から10月末に引き伸ばし)時計の針を1時間進めて、1時間早起きして、夕方、照明を点けるのを1時間遅くしよう、というものである。 イタリアも洩れずにその政策に従ったが、実際、生活する上で、「省エネ」という言葉に敏感な人は日本人に比べてかなり少ないような気がする。

家の中で、誰もいないところでも煌々と明かりが付けっ放し、特にローマでは、古代ローマ人が建設した水道橋のお陰で水不足に見舞われた経験が無い(らしい)ためか、「水が勿体無い」という概念があまり無く、シャワーも歯磨きも炊事にも、惜しみなくじゃぶじゃぶ。

商業施設などは特にひどい。夏も冬も、弱冷暖房、夏は28度、冬は18度、なんて聞いたこともない。空調をガンガンに効かせ、中に電気が点いていてお客さんがいて、明らかに開店、と分かる場合でも、入り口のドアは全開である。そのくせ、店が、2階や地下などに広がっている時は、ほとんどの店がその他階の照明を消してあり、客がそっちへ行く度に、いちいち点けては、その後消す。レストランやバールなどのトイレでも同様である。最近は自動的に照明が点く様になった所も多いが、まだまだ手動でスイッチを入れなければいけない店が多い。そして用を足した後消し忘れると、店の人に睨まれる。勿論、お客様は神様、なんぞ、通用しない。

そんな無駄遣いが多い国であるが、この国は原発ゼロである。最近は多国籍の企業が風力、ソーラー発電所をイタリア領土のあちこちに建て、イタリアの電力会社がその電力を買い受けているらしい。

材料
スパゲティ 400g
プチトマト 2つ割 500g
バジルの葉 6ー7枚
ニンニク 一片
オリーブ油 大さじ5

作り方
1. スパゲティを茹でる鍋を火にかける。
2. 広くて深いフライパンにオリーブ油を入れ、ニンニクを丸のまま入れて弱火でじくじく炒めてニンニクを取り出してトマトを加え、中火で炒め、煮崩れしてきたら火を弱めてどろっとするまで木べらで潰しながら煮詰める。
3. 茹で上がってザルに空けたスパゲティを大きめのサラダボールに移し、トマトを加え、ちぎったバジルを加えて、大きなスプーンなどを2本使って下から混ぜる。好みでパルメザンチーズを散らす。



.................................
[PR]

by Tomato-no-naru-ki | 2012-10-05 22:21 | 生活習慣
2012年 10月 03日

スパゲティ・オリオ・パルミジャーノ

a0284638_2220524.jpg
甘いものはとことん甘く、でなければスイーツとは呼べない。結婚当時から主人に口うるさく言われてきた。そういう私は、最近は慣れてきたが、初めのうちは、ケーキ屋などで買ってきたスイーツ、どれも頭痛が起きる程甘く、その後、苦い砂糖抜きのエスプレッソ無しでは、歯茎の奥まで砂糖が染み込んでヒリヒリする様で、お手上げだった。

日本では、砂糖の効いた和菓子に抹茶、洋菓子に苦いコーヒー等でコントラストを楽しむのが普通であるが、イタリアの場合、食後のスイーツに添えて出される食後酒や、スプマンテは、それに負けずに甘いもの。食後のエスプレッソにも、たっぷり砂糖を入れないと飲めないらしい。それで口の中を甘ーく保って余韻を楽しむのであろうか。

久しぶりに頂き物のイチジクの手作りジャムを使ってタルトを作ったら、主人から、「甘すぎる」と文句が出た。しょうがないので事務所の所員様にと、翌日持って行ったら予想外の大ウケで、私が、「甘すぎないか。」と聞いても誰も縦に首を振る事はなく、あっという間に消えて無くなった。

主人は私に鍛えられたのだろうか。

材料
スパゲティ 400g
パルメザンチーズすりおろし 大さじ山盛り4-5
オリーブ油 大さじ3

作り方
1. しっかり塩を効かせた湯でパスタを茹でる。
2. 大きめのサラダボールにオリーブ油を入れ、ザルに空けたパスタを入れ、茹で上がり1分前にマグ一杯採っておいた茹で汁を少しづつ加えながら和え、粗熱が取れたらチーズを加えて滑らかに和える。 好みで黒胡椒を振る。
[PR]

by Tomato-no-naru-ki | 2012-10-03 22:05 | 食習慣の違い
2012年 09月 12日

玉ねぎソース スパゲティ

a0284638_5313114.png
こちらの家は、どこも土足ばき。たまに靴を脱いでも、ソファに寝転がる時に脱いだり、お風呂に入る時、着替える時などに「やむなく」脱ぐ、という感覚。だから基本的に足が臭い。日本人である私の足は、彼らに言わせると絶対臭くならないそうである。

臭い話はやめておいて、彼らにとって靴は、服以上に重要らしい。服より靴にお金をかける、という意味ではなく、靴を履いていないと、裸で歩き回っているような感覚に似ているらしいのである。だから郵便屋さんがドア口まで小包を届ける時など、部屋着に靴下でいる時でも、「ちょっと待って下さ〜い」と言って靴を履いて靴紐を締めてからドアを開ける。

「外に出る為」に靴を履く習慣のある日本人である私には何年経ってもできないだろう。

材料
玉ねぎ 中4個
オリーブ油 大さじ4杯
バター 2x2x1cm
コショウ少々
スパゲティ 400g
白ワイン 150cc

作り方
1. 玉ねぎの皮を剥いてザク切りにする。
2. 鍋にオリーブ油を入れ、玉ねぎを入れて中火にかける。
3. 透明になったらワインを加え、アルコール分が飛んだら弱火にして蓋をし、煮る。
4. 水分が無くなったら水を足して、を繰り返し、煮崩れしてドロドロになるまで気長に煮込む。
5. 最後は完全に水分を飛ばしてクリーム状にする。
6. 茹でてザルでよく湯を切ったパスタを大きめのサラダボールに入れ、玉ねぎを加え、バターを入れて、茹で上がり1分前にマグ一杯とっておいた茹で汁を少しづつ加えて、コショウ少々加えて滑らかに混ぜる。
[PR]

by Tomato-no-naru-ki | 2012-09-12 01:48 | 生活習慣
2012年 09月 10日

小イワシパスタ

a0284638_5353687.png
夏、いや、夏日が感じられる5月中旬から末頃になると、日中、雨戸を閉めている家が多くなる。何もそんな早くからバカンスに出かけて留守にしているわけではない。部屋の中を暗くして、室内を涼しく保つためである。こちらの古い形式の雨戸は木やアルミ製(修復後など)のブラインドで、陰を作るが実際が室内が真っ暗になる事はない。室内を真っ暗にするためには、実は内開きの窓のガラスにもう一枚、木の板が付いていて、それを閉ざして完全に光を遮る。

夏はこの雨戸を閉めて直射日光を遮り、窓も閉めて外の熱気を採り入れない様にする。日が暮れると、乾燥した気候なので気温が一気に下がり、気持ち良い微風を室内に取り入れる為に窓と雨戸を開け放し、寝る時には雨戸だけを閉めて、翌日の夜明けまで涼しい。

この知恵は、結構効くのだが、困ったことに、北向きの部屋にも取り入れる人が結構多い。

光 = 熱

という方程式が頭にあり、直射日光が当たらなければ窓ガラスが熱くならないし、何しろ真っ暗で、ものが見えないので、窓を閉めて熱気を遮ったまま、雨戸を開けようとすると怒られる。しかも電気を点けるなんてとんでもない、のである。電球が部屋を温めるから、らしい。しかも、明るく暑い部屋の、雨戸を窓を閉めてすぐ、「ほらね、涼しくなったでしょ。」

暑さは気の持ちよう、とは言うが、イタリア人は実は、忍耐強く仏教的な教育を受けた日本人をはるかに超えているのではないか、と思わされる時がよくある。

材料
小イワシ 頭と中骨を取り除いたもの 400g
スパゲティ 普通の太さのもの 400g
フェンネルの実 小さじ1
ニンニク 1かけ
水で戻したレーズン 大さじ1(無くても良い)
松の実 大さじ1.5
パセリ微塵切り 少々
鷹の爪(丸のまま) 1個
レモンの皮のすりおろし 少々
オリーブ油 大さじ5杯

作り方
1. パスタを茹でる。
2. 大きめのフライパンにオリーブ油を入れ、ニンニクを包丁の背で半潰しして入れ、弱火できつね色になったらニンニクを取り除く。
3. パスタの茹で上がりの3ー4分前に強火にして、薄煙が上がったら、魚を入れ、水が出ないように強火のまま、さっと火を通し、松の実とレーズン、種を取り除いた鷹の爪を加えてひとまわしする。
4. 大きめのサラダボールにザルで湯を切ったパスタを入れ、3を入れて、茹で上がり1分前にマグ一杯とっておいた茹で汁を少しづつ加えて、滑らかに絡め、パセリとレモンの皮のすりおろしを散らす。

2-3は、パスタを茹でている最中に、強火で素早くするのがコツ。時間をかけてジクジク煮てしまうと、パサパサのカスカスになってしまうので注意。
[PR]

by Tomato-no-naru-ki | 2012-09-10 23:42 | そんなアホな。
2012年 09月 02日

スパゲティのモダン焼き風 ーースパゲティオムレツ

a0284638_5523594.jpg家の中を土足で生活するのが当たり前のこの国。息子がハイハイの頃は私もイライラ。みんな靴を履いたまま足を組んだりして、誰もよけない。彼らに言わせれば、子供の方がよけることを覚えなきゃいけないそう。巷の日本人妻を持つ家庭では、みんな土足禁止にされるらしいが、我が家だけはムリだった。

材料
前日の残りのスパゲッティをトマトソースで和えたもの 2人前分
全卵 2個
パルメザンチーズ 大さじ2
バジルの葉
5ー6枚

材料をすべて混ぜ、テフロンのフライパン、約22cmで、お好み焼きの要領で両面焼く。冷まして頂く。




…………………………………………………
[PR]

by Tomato-no-naru-ki | 2012-09-02 03:12 | 生活習慣