とまとの成る木

tomatoit.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ハーブ ( 2 ) タグの人気記事


2012年 09月 29日

フシッリのバターとセージ和え

a0284638_6122314.jpgイタリアの靴は、その高品質性と履き心地の良さで有名である。また、男女ともに、靴には金に糸目をつけない。同僚の女性は、靴のストック専用の小部屋を持っているぐらいである。

この国ではどこでも土足で、自宅から一歩外に出ると、夜、帰宅するまで靴を脱ぐ事はまずないので、ちょっと手のこんだ紐靴も大歓迎である。ローファーはかえって踵が足から外れて引きずって歩きざるを得ないから、あまり流行らない。柔らかいモカシンが、夏の間、素足に履かれる程度であるが、それも通勤に履いて行くことは滅多にない。

日本で、男性に人気がある靴、ローファー。日本では外出先でも靴を脱ぐ機会が多い。料理屋、居酒屋、寺などの観光地など。紐靴をその度にいちいちほどいて、また結んで、なんてちょっと面倒臭い。機能性が流行を左右するのも無理はない。

材料
フシッリ またはペンネなどのマカロニ 400g
バター 50g
セージの葉 生のもの 5ー6枚
パルメザンチーズ すりおろし 大さじすり切り6
黒胡椒 好みで少々

作り方
1. しっかり塩を効かせた湯でパスタを茹でる。
2. 大きめのサラダボールにバターを入れ、セージの葉をちぎって入れ、茹で上がりの1分前にマグ1杯採っておいた茹で汁を少しづつ加え、滑らかによく混ぜる
3. チーズを加えて一回しし、皿に盛る。
[PR]

by Tomato-no-naru-ki | 2012-09-29 05:42 | 憧れのイタリア人
2012年 09月 09日

サーモンのマリネ

a0284638_537640.jpg魚屋に並ぶ鮮魚達。日本の場合、漁港など、よっぽど新鮮でない限り、内蔵が予め取り除かれて売られている。ところがその感覚で買い物をするとひどい目に合う。こちらは鮮度に関係なく、内臓付き、ウロコ付きで、しかも乾燥防止のためらしく、時々ホースで水をかけるので、その度に鮮度が落ちる。

沖縄出身の友人が、そうやって売られていて、しかも割引されているクロダイに食いついたところ、奥様、当時2歳半だった娘ちゃん揃って、見事にハラを壊して3ー4日程寝込んだらしい。

その話を聞いてからは買う前にエラを調べ、家で刺身は控えることにした。

材料
3枚におろして小骨と皮をとったシャケ1kgに対し(尻尾側の半分がベター。)
上白糖 110g
塩 90g
オレンジの皮 1個分
レモンの皮 1個分
アネート、又はフェンネルの実、又はアニス等 大さじすり切り4杯

作り方
1. 塩、砂糖、ハーブ、柑橘類の皮(色のついた部分だけ削いで千切りにしたもの)を混ぜる。
2. ステンレスかガラスのバットに半量敷き、魚を置いて残りを上からかけ、ラップをして冷蔵庫で3日間。途中1日1回魚を裏返し、上がってきた水に、魚がいつも浸かっている状態を保つこと。
3. 冷水で表面に付いたハーブを念入りに洗い落とし、キッチンペーパーでよく乾かして、ラップで空気に触れないように包んで冷蔵庫へ。この状態で10日余り保存できる。
4. 薄く削ぎ切りにし、そのままでも、また、マスタード2:ビネガー1の割合で作ったソース、レモンなどをかけていただく。 醤油には合わないので注意。

他の魚でも試したい。淡白な魚には合わないので、鯖に挑戦したいが、上記のような理由から、ちょっと勇気がいる。
[PR]

by Tomato-no-naru-ki | 2012-09-09 22:02 | 食習慣の違い