とまとの成る木

tomatoit.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 03日

茄子のグラタン ~イタリア免許取得システム(1)

a0284638_5501139.png
18歳になり、高校卒業か、大学入学と同時に大概することは、運転免許取得。普通、女の子は普通免許を取るものである。二輪に興味がないか、親の反対を受けて取らないか、のどちらか。私の場合、その辺がイマイチ記憶に曖昧なところがあって、まず取ったのが原付免許。それから中型二輪、4輪には興味が無かった。

それが36歳を超えたある11月の午後。その日は朝から天気が怪しかったが、仕事から帰る頃、本降りになった。50ccの原付にまたがり、雨ガッパを持ち合わせていなかったので、無意味ながらも事務所にあったTシャツを上から着て家路へついた。途中、雨足がひどくなり、土砂降りで前が見えないほどに。全身ずぶ濡れになって、パンツまでびっちゃびちゃになった頃、路面電車のレールにタイヤを取られながら叫んだ。「36にもなってなんでこんなどぶねずみみたいなことにならんなあかんねん?!」

普通免許を取る決意をした。
(つづく)

材料
茄子 大15-6個
ホールトマト 1.5kg
玉ねぎ 半分
ペコリーノチーズすりおろし 約100g
モッツァレッラチーズ 1cm角切り 150g
バジルの葉 20g

作り方
1. 茄子は皮をむき、縦に1cm厚に切って塩を降り、15分置く。
2. 手で軽く絞り、水分を取り、冷水で洗ってさらに絞る。
3. 小麦粉を軽くはたいて新しいオリーブ油で揚げる。
4. 玉ねぎをみじん切りにして少量のオリーブ油で炒め、ミキサーにかけたホールトマトを加えて弱火で半減するまで煮詰める。酸味がきつい場合は砂糖小さじ1ー1.5を加えて煮ると良い。
5. グラタン皿に薄くオリーブ油をしき、トマトソースを少し、底を濡らす程度に拡げる。
6. ナスを重ならない様に敷き詰め、トマトソースで表面を濡らし、モッツァレッラチーズをパラパラ、ペコリーノチーズをうっすら、バジルの葉をちらちら。この作業をナスがなくなるまで繰り返し(4-5層)、最後にトマトソースを多めにかけてペコリーノチーズを降り、200度のオーブンで、表面がチリチリと焦げ目がつくまで焼く。
7. 冷まして頂く

だいたい日曜日の朝作り始めて、完全に冷めてチーズも固まってコンパクトになったところを切り分けて晩御飯に食べる、というパターン。残ったら冷蔵庫に入れといて、次の日がまた更に美味。
人によってレシピが違い、これは下ごしらえのナス唐揚げバージョン。この他、素揚げ派、天麩羅派とに分かれる。更にモッツァレッラ支持派、とんでもない派、ハム入り、ゆで卵入りなど。ペコリーノが手に入りにくい場合はパルメザンチーズで代用。その場合、本の香りつけ程度に量を控える。
[PR]

by Tomato-no-naru-ki | 2012-09-03 01:26 | 季節の便り


<< ボッリート イタリアーノ ~イ...      ビターチョコパウンドケーキ >>